事前知識について

インプラント用語の説明

カウンセリングで、インプラント治療をよりご理解していただくためのインプラント関係の用語集のページです。

あ行

アバットメント

インプラントは、上部構造(歯冠部分)とフィクスチャー(歯根部分)に分けられ、 それらを連結させる部分をアバットメントと言いいます。上部構造をインプラントに固定するための部分です。

一回法

一回法とは、インプラント治療における外科処置(オペ)の回数が、一回で済む治療法のことです。 フィクスチャーの埋入オペの後、仮歯を設置し ます。二回法のように、フィクスチャーの頭部が歯肉で覆われるわけではないため、 歯肉切開のための二回目の外科処置(オペ)が必要ありません。

インフォームドコンセント

医師が患者様に対して十分に情報を提供し、 患者様に納得・同意をしてもらってからその検査や治療を受けることです。

インプラント

インプラントは人工歯根を埋め込み、骨と馴染ませることにより、自然な歯と同じような機能を発揮します。 また、インプラント自体の素材は、生体との親和性が高いチタンでつくられおり、素材として最も安全で顎の骨としっかり結合することが認知されています。

オッセオインテグレーション

フィクスチャーのチタンが骨と自然な結合をし、固定されることをいいます。 ラテン語の「骨」である「オス」と英語の「統合・一体化」を意味する「インテグレーション」の合成語です。

か行

仮歯(かりば)

治療の途中で仮に付けておく歯のことです。

骨移植(こついしょく)

骨が薄い場合や足りない場合、他の部位から採取した骨片を移植し、骨のボリュームを出す治療法です。 骨を採取する部位は、下顎枝部・上顎結節部など、骨が充分ある場所から採取し、インプラント埋入部分の骨を増大させる方法です。

さ行

サイナス(上顎洞)

上顎にある頬の中(内側)の空洞のことです。

サイナスリフト法(上顎洞底挙上術)

上顎大臼歯(上あごの奥歯)の部分は、垂直的に骨の量が少ない場合があります。 その際、上顎洞という、頬の中(内側)の空洞に骨を移植することによって、インプラントを埋入するスペースを確保します。

上部構造

フィクスチャーの上に被せる人工歯のことです。

た行

チタン

軽くて強度があり、耐食性に強いだけでなく、人体との親和性が高く、骨と結合する、アレルギーにならないなどの特徴を持っています。 歯科ではフィクスチャーや義歯の材料等に用いられます。

動揺(どうよう)

歯がぐらぐらすることです。

な行

二回法

二回法とは、インプラント治療における外科処置(オペ)の回数が、二回かかる治療法のことです。 フィクスチャーの埋入オペの後、フィクスチャーの頭部が歯肉に完全に覆われた状態になるため、歯肉の切開(オペ)が必要になる方法です。

は行

フィクスチャー

インプラントの歯根部分のことです。素材は純チタン製。インプラント体とも呼ばれます。 このフィクスチャーを顎の骨に植立して、インプラント治療を行います。

ま行

埋入(まいにゅう)

インプラント治療における埋入は、歯槽骨にフィクスチャーを埋め込むことです。

メンテナンス

インプラント治療後、定期的に治療部位の状態の確認や清掃、予防処置等を行うことです。 インプラント治療において、メンテナンスが一番重要なことです。

や行

ら・わ行、英数字

ITIインプラント

スイス生まれの日本で最もシェアーの広いインプラントシステムです。他社のインプラントと比べて治療期間が短く治療できるインプラント。 短いインプラントの植立が可能なため、顎の小さい日本人には最適で、神経や血管を傷つける可能性が少ない最も安全なインプラントです。

3iインプラント

1987年に、歯周病専門医であるDr. Richard J. Lazzaraが既存のインプラントを使用して治療する過程で、 患者のニーズに合わせたきめ細かな対応のできるインプラントはないかと考え、設計・製作したインプラントです。